カテゴリー: 30代後半

抗リン脂質抗体症候群を乗り越え、漢方服用5ヶ月で妊娠 

36才  福岡県

治療経歴:タイミング療法

漢方服用5ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方とタイミング療法

○不妊治療歴 :1年6ヶ月
○治療内容 :タイミング療法10回
○婦人科系の症状:抗リン脂質抗体症候群、黄体機能不全、経血に塊が混じる、流産
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え性、疲れやすい、便秘、むくみ、胃がもたれる、ストレスが多い、口が渇く、肩こり、腰痛、寝不足、アレルギー花粉症、爪が割れやすい
○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠・碧珠、調合漢方2種、その他漢方1種

第二子希望。
第一子は自然妊娠。第二子に向けて妊活を始めてから自然妊娠しましたが稽留流産という結果になり、その後再び自然妊娠しましたが、またもや稽留流産という結果になってしまいました。短期間で2度続いたので不安になり検査を受けたところ、抗リン脂質抗体症候群と診断されました

どうしても第二子を授かりたかったので迷わず治療を開始しましたが、通院や仕事や子育てによる疲れやストレスと結果が出ないことでの焦りから、基礎体温が乱れ始め黄体機能不全にもなってしまいました。
治療以外に何か出来ることはないかと色々と調べていたところ、桃福宝に出会いました。

1ヶ月目、今までの生理との違いをはっきりと感じました。生理痛が全くと言って良いほどなく、経血も塊も少なく生理前の不調もなかったのです。「私の体に合っている」と直感し続けることを決めました。
3ヶ月目、冷えがまだ気になるので、服用数を調整し漢方を一種類追加しました。
5ヶ月目、陽性反応が出ました。

心身健康な状態を目指し、初めての体外受精で妊娠できました

37才 兵庫県

治療経歴:タイミング療法、人工授精

漢方服用9ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方と体外受精

○不妊治療歴 :2年
○治療内容 :タイミング療法約1年、人工授精4回

○婦人科系の症状:なし
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え性、胃腸虚弱、便秘、疲れやすい、めまい、イライラしやすい、落ち込みやすい、ストレスが多い、痔
○体調(男性):多汗、寝不足、胃腸虚弱、軟便、疲れやすい、頭痛、ストレスが多い
○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠・碧珠

第二子希望。
2年前から通院し、タイミング療法と人工授精をしましたがうまくいかず、体外受精をすることになりました。
生理不順もなく病院の検査結果では夫婦共々問題なかったので、妊娠できない理由がわかりませんでしたが、子宝カウンセリングで色々と気づくことがありました。
冷えや胃もたれは体質だから仕方がないと思っていて、あまり気にしていなかった便秘や痔も、妊娠を妨げる要因になるということを知りました。
採卵や移植にむけて子宮や卵巣が良い状態になるよう、まずは心身健康な状態を目指していくことにしました。

2ヶ月目、疲れなどあまり感じなくなり体調がよくなってきました。
3ヶ月目、採卵に向けて服用数の調整をしました。
6ヶ月目、採卵することができました。子宮内膜の厚さが少し心配なので移植に向けて服用数を増やしました。
9ヶ月目、移植後の判定で妊娠がわかりました。

タイミングをとることが難しく・・・治療を始めようとした矢先の妊娠でした

38才 東京都

治療経歴:なし

漢方服用4ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方のみ

○婦人科系の症状:なし
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え、むくみ、疲れやすい
○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠
○服用したもの (男性):桃福宝 黒珠

第一子希望。
結婚してから夫婦共に仕事が忙しく、時間にずれがあるなどタイミングがとれない日々が続いていました。そして妊娠できないまま5年が経ちました。
年齢的な焦りもあり不妊外来へ行ってみましたが、仕事の調整ができず治療は難しい状況だったので、卵胞チェックのみで通院を始めました。
でも結局続かず、これからどうしたらよいか迷っている時に桃福宝と出会いました。

夫婦で服用をはじめ1~2ヶ月目、まず感じたのは冷えが緩和されたこと、目に見えての変化はむくみが減ったことでした。少しずつ疲れにくくなり代謝がよくなったように感じました。
そして、以前はタイミングをとる日にこだわっていましたが、そんなことには一切こだわらず、夫婦で過ごす時間を大切に自然に任せるよう、できるだけストレスフリーを心掛けました。

3ヶ月目、まだ妊娠に至らないことで焦る気持ちが先に立ち、病院に行く予定をたてました。
4ヶ月目、妊娠していることがわかりました。これから不妊治療を考えようとした矢先のことでした。

内心は正直半信半疑でしたが、5年間妊娠できなかった私達が妊娠できたことが結果です。

卵管切除と流産を乗り越え、漢方で体質改善し妊娠できました

37才 新潟県

治療経歴:顕微授精

漢方服用6ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方と顕微授精

○不妊治療歴 :1年9ヶ月
○治療内容 :顕微授精3回
○婦人科系の症状:流産、卵管切除、子宮内膜薄い、経血量の減少
○男性の状況 :精子の数が少ない
○体調(女性):冷え性、夜間尿、むくみ、疲れやすい、花粉症、肩こり、腰痛、頭痛、首筋が凝る、爪が割れる、イライラしやすい、落ち込みやすい、ストレスが多い
○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠、その他漢方1種

第二子希望。
第一子を顕微授精にて授かり出産。
出産から1年半後、自然妊娠しましたが流産。担当医からは、自然妊娠は難しい状況と言われていました。残りの凍結胚が2個あったので、数か月後に顕微授精に再挑戦しました。
1回目は着床せず、2回目は子宮外妊娠となってしまい卵管切除することになりました。3回目は再度採卵し移植しましたが、着床せず。

体調は色々と不調があり、特に手足の冷えや肩こりや頭痛、花粉症がひどく眠れないこともありました。
漢方的には、花粉症などのアレルギー体質や冷えや血流が悪いことも、着床や妊娠を継続することが難しい要因にもなっていると知り、しっかりと体質改善したいと思いました。

採卵からの再スタートとなるため、気血の流れを良くしホルモン分泌を高め卵胞の育ちを良くすること、子宮の着床環境を整えることを目指しました。
経血量が少ないこと、子宮内膜が薄いことが気になっていたので、桃福宝のほかに補血作用のある漢方も追加しました。

4ヶ月目、体調が少しずつ良くなり、採卵することができました
5ヶ月目、移植しました
6ヶ月目、判定日に陽性判定をいただきました

子育てをしながらの治療、漢方併用で気力・体力も高まり6ヶ月で妊娠

39才 静岡県

治療経歴:体外受精

漢方服用6ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方と体外受精

○不妊治療歴 :1年
○治療内容 :体外受精2回
○婦人科系の症状:生理不順、経血量の減少、流産
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):肩こり、便秘、腰痛
○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠・碧珠、その他漢方2種

第二子希望。
高度異形成で子宮口円錐切除手術の経験あり。第一子を体外受精で妊娠・出産。
1年前から体外受精をしていましたがうまくいきませんでした。
1度目は8週目で流産、2度目は着床に至らず、体調も決して良いとは言えない状態でした。内膜が薄いことや年齢的な不安もあり、次の移植を控えていたので漢方で少しでも成功に近づけたらと思い、子宝カウンセリングをうけました。
体質そのものを改善しながら妊娠できる状態を目指すため、桃福宝のほかに漢方を2種類、移植に向けて全力投球で始めました。

1ヶ月目、内膜の状態は少し不安でしたがホルモン値が良好だったため移植スケジュールを決めました。
2ヶ月目、移植をしましたが陰性でした。次は採卵に向けての服用方法の相談をしました。
5ヶ月目、体調も安定し、無事に採卵できました。
6ヶ月目、移植後、判定日に陽性判定をいただきました。

年齢的なこともあり子育てをしながらの治療は、体力的にも精神的にも厳しくて諦めようと思った時もあります。漢方と併用することで不調や疲労、不安も軽減されて妊娠することができたのだと思います。