カテゴリー: 30代後半

子宮環境が整い、初めての着床で妊娠

37才 大阪府   

治療経歴:タイミング療法、人工授精、体外受精

漢方服用 3ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方と体外受精

■患者様について
不妊歴1年。第一子希望。
クリニックの検査では、ご夫婦共に異常はないもののタイミング療法では結果が出ず。
転院を繰り返し、人工授精と体外受精を何度か試みるも陰性。原因もわからず陰性が続くことが5年続いていたとのこと。凍結胚移植に向けてのご相談です。

○不妊治療歴 : 5年
○治療内容 :タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微授精
○婦人科系の症状: 以前より経血が減った
○男性の状況 : 医学的問題なし
○体調(女性): 冷え性、イライラしやすい、ストレスが多い

■漢方治療について
移植に向けて、着床しやすい子宮環境に必要な内膜の厚さを補っていくこと、流れを良くし栄養を補うことを目的とします。ストレスケアによる自律神経の安定も同時に目指していきます。

○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠、その他漢方1種

■漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>
経血の色が赤く鮮やかになり、生理痛がなくなりました。周期も整ってきたようです。

<服用3ヶ月目>
移植後、妊娠したとのご報告。

<服用4ヶ月目>
心拍確認。引き続き安胎薬として、漢方を継続。

○妊娠までの漢方服用期間:3ヶ月
○妊娠時にしていた治療内容: 漢方と体外受精
○その他(備考・特記事項など):
今まで一度も着床できなかった状況から、妊娠という嬉しい結果になったことを大変嬉しく思います。
焦らずしっかりと取り組んだことで、体調が整い自分自身の余力ができ、着床に向けてのアプローチがより効果を発揮し、早い結果につながったのだと思います。

卵管閉塞などの瘀血体質へ積極的なアプローチ、漢方との併用で治療効果の向上に

38才 大阪府 

治療経歴:タイミング療法、人工授精

漢方服用9ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方と体外受精

■患者様について
第一子希望。卵管狭窄(左右)、卵管閉塞(左)という状況でタイミング療法・人工授精をしていたが、通院を休んで漢方で自然妊娠をしたいとのご相談です。

○不妊治療歴 :1年
○治療内容 :タイミング療法6ヶ月、人工授精3回
○婦人科系の症状:卵管狭窄(左右)、卵管閉塞(左)、子宮ポリープ(切除済み)、経血に塊が混じる、経血が黒ずんでいる、おりものが少ない
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え(手・足)、むくみ(顔・足)、よく汗が出る、寝汗、のぼせ、時々胃が痛む、肩こり、頭痛、花粉症

■漢方治療について
体質的にかなりの瘀血が見受けられますので、瘀血を改善し着床しやすい子宮環境を目的

○服用したもの(女性):桃福宝 赤珠・黒珠・碧珠、その他の漢方1種類
○服用したもの(男性):桃福宝 黒珠、漢方薬調合1種類

■漢方服用後の経過

<服用2ヶ月目>
足の冷えはまだ少し感じていますが、肩こりはかなり解消されました。経血の塊も減りました。

<服用3ヶ月目>
卵管造影の結果、今までわずかに通っていた右も閉塞していたので、次の周期に採卵をする予定となりました。

<服用4ヶ月目>
順調に採卵でき、凍結。

<服用6ヶ月目>
移植後、陽性判定でしたが化学流産。

<服用8ヶ月目>
ホルモン値問題なし、移植予定。内膜を厚くし着床しやすい子宮環境を目指すため漢方を1種追加しました。

<服用9ヶ月目>
移植後、陽性判定。

<服用10ヶ月目>
一時的に体調崩しましたが、調合の漢方にて回復しその後は順調です。

○妊娠までの漢方服用期間:9ヶ月
○妊娠時にしていた治療内容: 漢方と体外受精
○その他(備考・特記事項など): 検査の結果左右の卵管閉塞という状況での体外受精になりましたが、漢方で早めの対策をされていたこと、しっかりと取り組むことで、治療成果の向上となり良い結果につながったのだと思います。

瘀血体質からの変化がみられ、生理周期が整い自然妊娠

38才 東京都

治療経歴: 体外受精

漢方服用8ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容: 漢方のみ

■患者様について
不妊歴3年。
第二子希望。第一子を体外受精で出産し、その後、2年半生理がこなかったとのこと。
その後、体外受精にて妊娠するも8週目で流産。
体質に問題があると思い、漢方で体質改善希望です。

○不妊治療歴 : 3年
○治療内容 :体外受精
○婦人科系の症状: 生理痛、生理不順、卵管狭窄(片方)
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性): 疲れやすい

■漢方理論について
生理痛や卵管狭窄などからも、体質的な瘀血が要因としてあげられます。
瘀血体質の改善と腎精を補うことで、生理周期を整え着床しやすい子宮環境作りを目指します。

○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠

■漢方服用後の経過

<服用4ヶ月目>
生理周期が安定してきました。

<服用5ヶ月目>
経血や排卵前のオリモノ量も増え、体調も生理周期も好調です。

<服用6ヶ月目>
卵管造影の結果、両方通っていました。
体調がどんどん良くなってきています。

<服用8ヶ月目>
妊娠のご報告がありました。

○妊娠までの漢方服用期間:8ヶ月
○妊娠時にしていた治療内容: 漢方のみ
○その他(備考・特記事項など):瘀血体質の改善が、良い結果へのきっかけにつながったのだと思います。

産後の回復と瘀血へのアプローチ、着床しやすい子宮環境に

38才  埼玉県 

治療経歴:タイミング療法、体外受精、顕微授精

漢方服用5ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方と体外受精

■患者様について
不妊歴8ヶ月。第三子希望。
第一子・第二子を体外受精・顕微授精にて授かりました。
第二子出産後9ヶ月目より第三子妊活を始め、凍結胚盤胞を移植するも着床せず。
移植に向けて体づくりをしたいとのご相談です。

○不妊治療歴 :1年
○治療内容 :タイミング療法6ヶ月、体外受精3回、顕微授精1回
○婦人科系の症状: 子宮筋腫、子宮内膜症、チョコレート嚢胞、生理痛、流産、経血に塊が混じる、おりものが少ない
○男性の状況 :精子の数が少ない
○体調(女性):冷え(手・足)、むくみ(足)、寝汗、夜中にトイレに起きる、目が覚める、肩こり、貧血、めまい、ぜんそく、落ち込みやすい、ストレスが多い

■漢方治療について
体質的に強い瘀血が見受けられます。
子宮の血流も滞りやすいことから生理痛もひどく、体調も良くない状態が続いていると考えられます。
凍結胚移植に向けて、瘀血を改善し着床環境を整えることを目的とします。
また、2人の子育て中という状況を踏まえ、日常の体調面も考慮しながら取り組んでいきます。

○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠・碧珠、その他の漢方1種類

■漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>
疲れにくくなり、体力がついてきたと実感。

<服用2ヶ月目>
凍結胚移植したが、陰性判定。調合漢方を追加。

<服用3ヶ月目>
経血がサラッとしてきた。
生理痛がひどくピルや痛み止めを服用していたが、痛み止めなしで過ごせてビックリしました。
子宮内膜症が大腸に癒着し、排便時に痛みあったが消失。

<服用4ヶ月目>
今までで、一番ホルモン値が、子宮の状態が良いと言われました。
冷房時に感じる冷えが緩和されました。
持病のぜんそくも出ていないのもうれしいです。

<服用5ヶ月目>
凍結胚移植をし、その後陽性判定のご報告。
その後も漢方服用で順調なご様子。

○妊娠までの漢方服用期間:9ヶ月
○妊娠時にしていた治療内容: 漢方と体外受精
○その他(備考・特記事項など): 瘀血が改善したことで体調も良くなり、着床に向けての子宮環境も整ったと考えられます。
定期的なカウンセリングを受けることで、精神的にも楽になり漢方が効果的に作用した結果だと思われます。

化学流産からの夫婦で漢方。ステップアップ前に妊娠

36才  広島県

治療経歴:人工授精

漢方服用8ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方のみ

■患者様について
不妊歴1年。第二子希望。クロミッド服用にて人工授精したが、その後化学流産。
ご主人様の精子の運動率が低い。

○不妊治療歴 :1年未満
○治療内容 :人工授精2回
○婦人科系の症状: なし
○男性の状況 :精子の運動率が低い、精子の数と量が少ない
○体調(女性): 便秘気味、むくみ(顔・手・足)、肩こり、腰痛、花粉症、ぜんそく、貧血気味、のどが渇く

続きを読む →