不妊体質の改善は、
漢方の得意分野

『臓腑病』と『経絡病』

東洋医学の考え方では、病気には『臓腑病(ぞうふびょう)』と『経絡病(けいらくびょう)』という区分があります。

  • ●臓腑病……内臓の不調が原因の病状
  • ●経絡病……「気」の伝達不良による病状

通常は、『臓腑経絡』とひとまとめにして病状や治療法を検証しますが、不妊体質は、どちらかといえば『臓腑病』に分類されます。

東洋医学には「様々な療法」がありますが、不妊体質の方が抱える卵巣機能や子宮内の着床環境の不調は、内臓機能の問題ですので、経絡の流れをスムーズにし、表面的な「巡りを整える」だけでは、臓腑そのものにアプローチすることはできず、本質的な改善には至らないと考えられます。

その点、漢方薬は、「内臓機能の改善」と「巡りを整える」ことの両面からのアプローチができるため、不妊体質の改善は得意分野だと言えるでしょう。

東洋医学の療法と得意分野

漢方療法では標治と本治の療法が可能です。
例えば、妊娠しづらい体質の方に多い「肩こり」「腰痛」といった症状が、「巡りを整える」療法(標治)により一時的に楽になったような感覚があれば、不妊体質の改善が進んでいると勘違いされる場合もあるかと思います。

でも、表面的な症状が一時的に楽になったからといって、安易に内臓の働きまで良くなったという判断はできません。
標治は時間をかけても内臓の機能回復に作用するものではないのです。

一方、漢方療法の場合、服用した漢方薬が作用し、内臓機能が回復した結果として、表面的な諸症状が解消されます。
その点から、病状の深さによっては、効果の実感として、時間がかかる場合もあります。
ですから、漢方薬の服用により「冷え」や「生理痛」が解消した場合には、内臓機能が回復したことにより不妊体質自体の改善が進んでいる証(あかし)だといえるのです。

現在、ご自身が「適切な体質改善」の取り組みができているかどうか心配な方は、お気軽に子宝相談をご利用ください。

子宝漢方相談へ

漢方の一陽館薬局

【八木本店】

  • 〒634-0078
  • 奈良県橿原市八木町1丁目11番7号

アクセスはこちら

【学園前店】

  • 〒631-0036
  • 奈良市学園北1丁目1番11号 イヴビル1階

アクセスはこちら

  • お問合せ/10:00~18:00
  • 定休日/木曜・日曜・祝日
桃福宝
漢方相談

子宝相談はお電話かLINEにて相談日時をご予約ください。

友だち追加

子宝相談の際に、基礎体温を計測した表をご持参いただくと、大変参考になります。

基礎体温表ダウンロード

妊娠したら【赤珠】の服用を停止し、投稿を!
喜びのお便り投稿者は【黒珠】に交換します。

喜びのお便り(妊娠時)

めでたく出産されたら、再度、ご投稿を!
お祝いの素敵なベビーグッズをお贈りします。

喜びのお便り(出産時)

ページトップへ

『桃福宝』初回
限定キャンペーン
子宝漢方相談