「妊活」状況別の漢方活用

「不妊治療 継続中」漢方活用のポイント

  • 漢方薬併用による3つのメリット⇒治療薬にきちんと反応するカラダづくり
  • 不妊治療+漢方で妊娠率アップ⇒不妊治療の妊娠率を漢方がさらに加勢
  • 通院歴3ヶ月以上または、ステップアップ前に漢方をプラス⇒早めの対策で成果を上げる

授かることを期待して始めた不妊治療ですが、うまくいっていますか・・・?
不妊治療を成功へと導くには、3つの要素が必要だと考えています。

1. 治療薬の効果が出やすい状態

同じような状況が何周期も続き、これから先に心細さを感じているかたは、積極的に「治療を受ける側」であるカラダの状態を整えることで、同じ治療をしても成果が得られやすくなることが期待できます。

たとえば、最近、薬剤の服用量や投薬回数が増えてきた、以前に比べ月経周期が崩れてきた、など少し前までは気にならなかったことがひっかかっていませんか。
このまま不妊治療を続けるにしても、十分な反応がなければ、期待した効果も得られなくなってしまいます。

治療薬の効果が出にくい理由がどこにあるのかを検証して適切な対策を講じていくことが成功への最短ルートです。

妊活に無理をして体調を崩したり、漫然と何種類ものサプリメントを飲んでみたりすることで、健康面に不具合が生じてきたら不妊治療どころではなくなってしまいます。
自分にとって何が必要か、余計なことをし過ぎていないか、を見極める目も大切です。

また、これを機にもともとの体質に向き合うことも大切なことです。
婦人科系の疾患以外にも、冷え性、生理痛や生理不順、PMS、胃腸虚弱、体力不足など、治療を受ける土台が不安定であれば、効率も上がらないのではないでしょうか。

一陽館では、お客様のカラダを大切にしながら不妊治療のサポートができる漢方薬の併用をお勧めしていきます。
妊娠されてからも妊娠を維持する手助けとして、ご出産から産後の回復期までも長く服用いただけるのも漢方のメリットです。

冷え性の原因は?

冷え性には血液循環が関わっています。では、血液循環の善し悪しは何で決まるのでしょうか。
特に妊娠に関わる意味での冷え性は、「血流の滞り」「血液不足」「代謝が低い」などが主な要因といえます。
一陽館の漢方では、原因に応じて、巡りを良くし、血液を補い、体の中から熱を生み出せるように整えて冷え性を改善していきます。

生理痛や生理不順、PMSの原因は?

生理痛や排卵痛はあるのが普通と思っている女性はまだまだ多いようですし、少々月経リズムが不安定でも気になりながら放置されていることもあります。
生理には血液と女性ホルモンのバランスが不可欠ですので、もし生理が苦痛を伴ったり日常生活の中で面倒すぎるような存在であれば、そもそもから生理を見直すべきかもしれません。
PMSは、女性ホルモンのバランス、特に「肝」が過剰に機能し過ぎて、体の調子も過敏になっているような状態です。普段から忙しすぎたり、せっかちだったり、落ち着いて食事をとる時間がないようなかたは、心身に余裕がなく体もいつも精一杯になってしまいます。
一陽館の漢方では、卵巣機能や子宮環境を支える「肝」の働きも大切です。

胃腸虚弱や体力不足

妊活と何の関係がある?と思われるかもしれませんが、そもそも赤ちゃんの成長を支える母体そのものの調子が不安定であれば、妊娠が母体に大きな負担をかけることとなり、それでも足りなければ妊娠自体を受け入れる体力的余裕がなくなってしまいます。
漢方薬を飲むにしても、栄養豊富な食事をとるにしても、消化吸収を担う胃腸がしっかり機能し、出産まで保っていく体力があってこそ、成立するものといえます。
漢方では体質的に不足があれば補い、体の調子を整えることで妊娠が実現可能な状態に整えます。
私たちにとって、妊娠しても体力不足で流産になってしまうなら、その妊娠は成功とは言いきれないのです。

2. 治療薬の副反応によるダメージを補う

不妊治療の継続中には薬剤の作用により思わぬ影響が出ることがあります。ホルモンバランスの変動による頭痛や吐き気など日常的な体調への影響、子宮内膜の菲薄化以外にも、状況によっては治療の継続自体を思案されることもあるようです。

せっかく不妊治療を受けるのであれば、うまく漢方薬を併用し副反応の影響を最小限にとどめて、治療のメリットが最大限に得られるようにしたいものです。

実際、そのかたにどのような副反応が表れるかは予測がつかない場合も多く、感じ方に個人差もありますが、漢方薬には、前もって体の調子を整えたり、治療中の体をサポートする作用があり、不妊治療の成果を高めるにも役立ちます。

不妊治療薬の影響としては、漢方での解釈として主に2つ挙げられます。
まずは、骨盤内瘀血を助長する点です。漢方では血流の停滞を瘀血といいますが、血液は滞留すると血塊となります。医学的にいう血栓や癒着などのイメージです。不妊治療においても不育症などの検査結果によっては、抗凝血剤が処方されますが、漢方においては薬によって固まらないようにするということよりも、着床を妨げる最大の要因である血液の滞留を生む「瘀血」体質を改善することが不可欠であると考えています。女性の子宮は妊娠に備え多量の血液を蓄えるため瘀血が発生しやすく、毎月の月経を繰り返すことによって、瘀血の進行は、血液の劣化を生み、血液の流入も停滞し、良質な子宮内膜が育ちにくい状況となる可能性が想定されます。

ただ、これは長年の漢方理論と経験則から考えられている不妊原因ですから、この状態だけでは医学的な病気(=異常)ではなく、「体質」、つまり自己の体調管理という領域になるのです。
受精卵の状態は悪くないのに着床しない、子宮内膜が薄くなってきた、経血量が減ってきた・・・原因不明または高齢を原因として効果的な対策もないまま、時間が経過していませんか。
漢方では、老化=劣化も瘀血です。さらっとした血液でも放置しておくと酸化して黒っぽくなり、固まっていくのと同じようなことが骨盤内でも起きるということです。

着床に必要な子宮環境は年月とともにピークを過ぎると劣化は避けられません。
妊娠実現には、マイナス要素をできるだけ減らして、着床環境を向上することも必要なのです。
(もとからの血行不良体質の改善+治療薬剤の副反応の回復)✕年齢的衰退⇒着床環境改善に必要な期間

一定期間以上の治療と加齢による体質変化に対応するには、表面的な状態の改善では対応しきれず、諸条件も考慮したより深く本質的なアプローチを考えることになります。

そして、不妊治療薬による負荷が大きくかかる卵巣のケアも重要になってきます。少なからずの薬剤による刺激は、治療効率を高める反面、継続するには薬剤に反応し続ける卵巣機能の充実も求められます。卵巣の反応に過不足が生じると本来めざす不妊治療が成立しない場合もあり、治療期間を長引かせることにもなります。

排卵誘発剤やホルモン剤の作用が得られにくくなったり、卵巣への過剰刺激により卵巣にダメージを受けたりしていませんか。

卵巣は、命のもとである卵子や、女性ホルモンの分泌に関わる生殖の要となる臓器で、漢方では「腎」により機能を担っています。腎は成長発育や老化など私たちの一生を通じて生命維持のエネルギーとして「精」を蓄えています。
過度の疲労やストレス、過酷な生活環境などで精の消耗が大きく、充足することができなければ、生命活動の力も不足し、さらに年齢が進むと回復力も落ちていきます。

不規則なリズムを規則的にして、弱い機能を補い、可能性の拡大を目的とする不妊治療に対して、十分に呼応できる卵巣力=「腎精」がなければ、せっかくの努力も空振りになってしまうのです。

最近は医学的にも腎臓が注目されるようになり、水分代謝の役割以上に、生命活動の司令塔として話題となっていますが、漢方理論では経験則からも、すでに「腎」は生命の根源であり、その機能を補い元気にする補腎薬が活用されてきました。
漢方薬で積極的に腎精を補うことは、採卵や受精、着床維持においても、より効率を上げることに貢献できるのです。

3. 通院のストレスを軽減する

漢方の一陽館の最大の強みは、不妊治療中のお客様の心の支えとなるカウンセリングにあります。
希望する妊娠が叶わないことは、これまでの人生における最大のストレスとなっているかたも多いと思いますが、そのうえに不妊治療のストレスが大きくのしかかり、生活面でも経済面でも、ご夫婦としても、向き合わなければならないことは数知れません。

消化しきれないストレスをため込んでいると、体は緊張感が高まり、逆に保身を優先して妊娠を受け入れがたい態勢をつくっていきます。ストレスにより排卵が遅れたり、無月経になったりすることがあるように、ストレスを強く感じながら治療に臨んでも本来の力が発揮されないのです。

漢方では自律神経や感情のコントロールに関わっている「肝」の働きを整えて、ストレスの処理能力を助けます。
同時にカウンセリングでは、信頼できる第三者として私たちがご相談をお受けすることで、気のめぐりがスムーズになり、不安や疑問を解決しながら、精神面でも安定した状態で不妊治療に取り組んでいただけるよう後押しします。

また、不妊治療におけるホルモン治療は、この「肝」に影響し、ホルモンバランスや体調に影響する場合も見受けられます。FSHの上昇、高プロラクチン、甲状腺機能、卵子の劣化、子宮内膜の劣化、経血量の減退、粘液の減少など、肝の不調によりさまざまな影響が起こる可能性があります。
年齢のせいと思い込んでいた不具合も、肝の働きを整える漢方薬を活用することで状態の回復も見込めます。

不妊治療との併用効果

また、一陽館薬局では、病院で不妊治療を受けておられる方にも、漢方治療を併用されることをおすすめしております。不妊治療に漢方を併用することは、基本的に主治医の先生の考えに従うべきですが、漢方はあくまで「体調を整えるもの」ですから、不妊治療に併用すれば不妊治療自体の成果を高めることが期待できます。
詳しくは、こちら(妊娠の症例)をご覧ください。
漢方薬の服用が、病院での不妊治療の妨げになるということはありえません。不妊治療を検討されるような状況にある方々こそ、一刻も早く漢方で妊娠に向けての取り組みを始めて頂きたいと思います。

体外受精・顕微授精との併用効果

特に体外受精・顕微授精では、一陽館の漢方治療を継続していただくことで、ほとんどの場合、何らかの状況の好転が見られますので、アンケートの結果とともに、詳しくご説明いたします。

体外受精に漢方薬を併用することで妊娠された102名へのアンケート調査

(集計:2015年~2017年に一陽館薬局での実例、アンケートへの回答より集計)

【漢方薬を始めた時の状況】
<開始時の年齢>

体外受精に漢方薬の併用を開始する時点での年齢は、40歳以上が全体の45%、35歳以上が約8割でした。多くの場合が半年~数年間にわたる不妊治療や数回の体外受精を経て漢方薬の併用に至っています。
不妊治療歴がない、または初回の体外受精から漢方薬を併用するケースは少数でした。

【不妊原因(複数回答あり)】
1. 特になし 41名
2. 男性不妊 22名
3. 卵管因子(卵管閉塞、狭窄など) 19名
4. 主に血行不良が関わるもの
子宮内膜症
子宮筋腫
卵巣嚢腫(チョコレート膿疱)
49名
27名
16名
11名
5. 主にホルモン分泌が関わるもの
卵巣機能低下(早発閉経含む)
高プロラクチン
黄体機能不全
14名
8名
10名
6名
6. 1~5以外
無月経(生理不順含む)
抗精子抗体
流産(染色体異常含む)
卵管や子宮の形態
11名
3名
4名
12名
3名

不妊原因が男性不妊や卵管因子にある場合や、低AMHなど年齢的に急ぎたい場合は早期に体外受精を開始される傾向がみられます。これといった不妊原因がなく体外受精に至る例は40%で、体質改善を目的に漢方薬を併用する意義が高いと考えられます。

【不妊治療歴(人工授精と体外受精の重複回答あり)】
人工授精 0~1回 12名
2~3回 21名
4~5回 27名
6回以上 33名
体外受精(顕微授精含む) 0~1回 32名
2~3回 57名
4~5回 23名
6回以上 14名

年齢が高いほど早期に体外受精を選択されることが多いようです。また、人工授精を経て体外受精へステップアップすると同時に漢方薬を併用される例も多く、数回の体外受精を経て漢方薬による体質強化を検討される場合もあります。

【漢方薬併用による効果】

併用前の状態(重複回答あり)

(1) 採卵できない 31名
(2) 卵子の老化 52名
(3) 受精しない 37名
(4) 着床しない 58名
(5) 流産 21名
(6) (1)~(5)以外 18名

⇒併用後の変化(複数回答あり)

(1)卵胞が育ち採卵できるようになった 41名
(2)卵子のグレードアップ 65名
(3)採卵数が増えた 43名
(4)受精の状態が向上した 52名
(5)(1)~(4)以外 26名
【効果を実感するまでの期間】
<効果実感までの期間>

※効果とは、漢方薬の服用により、不妊治療の経過や日常の体調面、月経の状態など妊娠に向けて好ましい変化があったという、お客さまからの申告によるものです。

6ヶ月までに72名(80%)、1年までに99名(97%)が何らかの変化を実感されています。
漢方薬はできるだけ早い時期から併用して、不妊治療に備えていただくとよいでしょう。

「病院受診検討中」漢方活用のポイント

  • 不妊治療の前に漢方で体を整えるメリット⇒自然妊娠の可能性も拡大
  • 授かる環境を整えて不妊治療に臨む⇒効率良く早期に妊娠
  • 不妊治療を検討すると同時に積極的に漢方で体づくりを始める⇒自分の状態を知ることで必要なことが見えてくる

そろそろ病院で不妊検査を受けてみようか・・・?

不妊治療は不妊を治す治療というものではなく、妊娠しやすい状態へとアシストするものですから、妊娠するかどうかは、結局は体の状態によるところが大きいといえます。
妊娠に向けて体調を整えることは、不妊治療を受けるにしても、自己の体調管理として不可避な取り組みなのです。妊娠できない状態のままでは、せっかくの不妊治療も期待したほどの成果は得られません。

よい卵子と元気な精子が、好ましい環境で出会い、心地よい子宮に迎えられる、医学的な検査治療に加え、漢方薬により生命力が充実すると、より積極的なアプローチができます。

排卵→受精→着床と関連する機能から、積極的に体質改善をおすすめします。

排卵における問題

排卵日が不安定

「排卵日がわからない」というかたは意外に多いようです。
漢方では基礎体温や詳しいヒアリングを通して、「気血の巡り」など病院の検査項目にはない領域からお体の状態を推察していきます。

卵胞が育ちにくい

生理周期は一定でも卵子の状態はわからないものです。
でも、基本的には、ご自身の体内で育つものですから、体力や体調を反映すると考えられます。卵巣機能やホルモン量に限定せず、全体の調子やバランスから必要な「精血」を補い、育ちを助けます。

受精おける問題

卵管が通っていない、狭い

卵管は、卵子と精子の出会いの場として通過がスムーズなほど妊娠に至るルートの確保も有利であると言えます。
通過がスムーズであることは、漢方では気血の巡りが順調であることを意味し、受精卵の子宮への移動も促進することにつながります。

卵子と精子自体の問題

免疫や卵子と精子そのものの質が関係する場合も、漢方では年齢やストレスなどの背景や全般的な体調や体質なども含めて検証して、改善に向けて内臓機能全体のバランスから整えます。

着床における問題

子宮内膜の状態が良くない

子宮内膜の状態といっても、年齢的な劣化、体質的瘀血による質の低下、血液不足による厚みの不足など、状態に応じて整えることが必要です。子宮内膜の状態は、生理にも反映されるため、生理の様子を詳しくお聞きして、何が不足してどのようなことが必要かを検証して漢方薬を決定します。

流産しやすい体質

原因不明の流産の中で、漢方薬が効果的なケースは、「母体の維持力の不足」によるものです。
妊娠を維持するために必要なことは、気血とホルモン分泌の充実です。
気の不足は、体の状態を維持して守る力の不足を示し、血の不足は栄養不足を示します。生命維持に必要なホルモン分泌を高めるには、漢方的には生殖の要となる「腎」を補いはたらきを活発にしていくことが大切です。
「腎」は生殖力を担い、同時に発育や老化を担う力ともいえますから、年齢的な影響も「腎」の力にかかってきます。年齢の影響を最小限にするためにも補腎は大切な要素です。

「不妊治療終了を検討」漢方活用のポイント

  • 本当の不妊原因を知る⇒妊娠に至らない理由がわかれば対策ができる
  • より積極的に自分に適した治療を選択する⇒妊娠力を最大限に発揮できる
  • タイムリミットを意識し始めたときの心強い味方⇒思い切ってカラダを本質から立て直す

走り続けてきた今だからこそ、気づくことがあります。
大切にしたい、その1回、1ヶ月、1個・・・カラダの声に応えていますか?

すでに、できることはやり尽くした、というかたも多くなり、大きな進展の見通しがないままに時間が経過しているケースもみられます。体力が続く限り継続すれば可能性はあるとはいえ、精神力や経済的な負担も相当な覚悟が必要です。
難しい局面だからこそ、もっと深く自身の状態を見つめ直して、機能面、精神状態、環境的側面などから「妊娠できる状態」を最優先におき、必要な対策を徹底することが大切な時期です。
機能面では妊娠までのステップが、どこで足留めになっているかを見つけて、不足している要素を補って着実に前進することを考えていきます。

卵子の確保

採卵を繰り返していくうちに、徐々に、採卵数の減少、薬剤の増加、薬剤への反応の低下が見られ、状況が厳しくなってきた実感はあるけれど、薬剤刺激がないと採卵できなくなることも不安で、不妊治療から離れることもできない、と切迫した状態を乗り越えるには思い切った対策を検討することも必要です。
漢方による補足は、今ある「カラダの力」がしっかりと発揮できるようにエネルギー補給すること、たとえば、補腎薬によって卵巣機能を高めて、卵子の育ちを向上したり、元気のない卵子の質を回復したりしていくことを目的とします。無理をし過ぎず体力に合った治療をおすすめします。

受精しない

卵子や精子の状態に問題があるのか、受精が成立する環境に問題があるのか、問題点に応じて、精子や卵子を元気にしたり、滞りのない状態に整えたりして受精しやすい環境に整えたりします。受精させるのではなく、よりよい体調に整えることで自然に受精しようとする力を補うのが漢方の役割です。
受精には精子や卵子そのものの問題なのか受精に適した環境かどうかによって必要な漢方薬は異なり、不妊治療の内容に応じて選択します。

着床しない

よい受精卵を移植しても着床の気配がないままで、治療を続けるのではなく、積極的に着床しやすい環境に整えるために、漢方では、子宮環境の問題か、受精卵の問題か、流産しやすい体質か、など着床に至らない条件を見つけて、漢方薬で条件に合った対策を考えていきます。

一陽館薬局では、約20年にわたる相談実績にもとづき、不妊治療との併用をご検討の方々に、丁寧なカウンセリングと最適な漢方薬をご提案することで、体づくりに貢献し、妊娠率を向上させています。
お困りのかた、迷っているかた、これまでに漢方を試したがうまくいかなかったかたもぜひご相談いただきたいと思います。