カテゴリー: 妊娠時の治療別

顕微授精と漢方を併用、服用3ヶ月で妊娠

37才 神奈川県

治療経歴:タイミング療法、顕微授精

漢方服用3ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方と顕微授精

○不妊治療歴 : 3年
○治療内容 :タイミング療法1年、顕微授精1回
○婦人科系の症状:高プロラクチン血症、生理痛
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え性、多汗、寝不足、便秘、軟便、首筋がこる、不安感、ストレス
○服用したもの (女性):漢方薬調合 2種

第一子希望。
転院しながら治療を約3年。数か月前に移植をしましたがうまくいきませんでした。凍結胚があるので、次の移植に向けて治療と一緒にできることはないかとネット検索し一陽館薬局と出会いました。
ホームページを見て、漢方を併用することで治療の効率があがること、子宮環境やホルモンバランスも整うことだけでなく体調も整うということがよくわかり、服用したいと
思いました。

子宝カウンセリングをうけ、漢方薬を調合してもらいました。体調により内容を調整していただけたので、体調が安定していきました。

1ヶ月目、短かった生理の日数が増えました。
2ヶ月目、基礎体温が安定。便秘と下痢を繰り返していた便通も安定しました。
3ヶ月目、ストレスで少し体調が不安定になりましたが、カウンセリングで気持ちが楽になりました。
そして、移植後判定日に陽性判定をいただきました。

西洋医学だけでは補えない部分を漢方で補うことで、心身共に元気になり妊娠に向かって一歩ずつ近づけることもあるのだと思いました。

8年うまくいかず漢方で体質改善、初めての移植で妊娠できました!

37才 京都府

治療経歴:タイミング療法、人工授精

漢方服用10ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方と体外受精

○不妊治療歴 :3年
○治療内容 :タイミング療法2年、人工授精1回
○婦人科系の症状:生理不順、機能性嚢胞、月経前に乳房が張って痛い、水っぽいおりものが多い、流産
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え性、お腹が冷える、疲れやすい、肩こり、頭痛、ストレスが多い
○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠・碧珠

第二子希望。
第一子出産後から8年以上妊娠できず、タイミング療法を2年間していましたが妊娠にいたりませんでした。なかなかうまくいかないことと年齢的な焦りがあり、体外受精を考えながら治療以外で何かできることはないかと探していました。

ネット検索で一陽館薬局を知り、服用前に子宝カウンセリングを受けました。かなりの冷えや瘀血体質であることや不調の原因がわかり、今まで自分が妊娠にいたらなかったことに納得がいきました。原因がわかったことと、体質は漢方で改善できるとわかり少しホッとしました。
瘀血改善だけでなく、ホルモン分泌を高めバランスを整えていくこと、体外受精をするからには、採卵や移植が1回で成功できるように!と桃福宝でしっかりと体を整えていくことを目指しました。

2ヶ月目、全体的に体調は良くなりましたが、まだ冷えを感じるので1種類追加しました。
5ヶ月目、冷えや生理状況が改善、体調も安定していたので通院開始しました。
6ヶ月目、体外受精のスケジュールが決まりました。
7ヶ月目、採卵することができ、胚盤胞を凍結。
9ヶ月目、移植できました。
10ヶ月目、判定日に陽性判定をいただきました。

体が整い妊娠できる状態になる、妊娠力が上がるということは、こういうことなんだなと実感しました。

夫婦で服用。治療を休んでいた周期に自然妊娠しました!

38才 茨城県

治療経歴: タイミング療法、人工授精

漢方服用6ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方のみ

○不妊治療歴 :1年
○治療内容 :タイミング療法6回、人工授精2回
○婦人科系の症状:流産
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え性、不眠、寝不足、月経前に不調、疲れやすい、肩こり
○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠・碧珠
○服用したもの (男性):桃福宝 赤珠・黒珠

第二子希望。
一人目は自然妊娠だったので、二人目もすぐ妊娠できるだろうと思い自身でタイミングをとりながら妊活をしていました。
一度妊娠しましたが流産してしまい、その後なかなか妊娠できず治療を続けていました。
そして人工授精と漢方を併用しようと、ネットや雑誌で情報を集めていた時に一陽館薬局を知りました。
すぐにZOOMで子宝カウンセリングを受け、桃福宝の服用を始めました。
主人は医学的には問題ないと言われていましたが、検査結果にバラつきがあったことや疲れもあり体調に不安もあったので一緒に服用することにしました。

1ヶ月目、人工授精をしましたが、うまくいきませんでした。
2ヶ月目、PMSと生理痛が緩和されました。
3ヶ月目、PMSと生理痛が全くなくなりました。体調が整ってきていることを実感。
4ヶ月目、人工授精しましたが、結果は陰性。手応えは日々感じていたので、スピードアップのため二人とも服用数を増やしました。
5ヶ月目、二人とも不調がなく体調は安定。人工授精予定でしたがスケジュールが調整できず、この周期は休むことにしました。
6ヶ月目、治療再開しようとした矢先、妊娠していることがわかりました。

桃福宝服用後は、心身の調子が整ってきたことを日々実感できていました。
そして、たまたま治療に行けなかった周期に自然に授かることができました。
治療を続けるべきか、ステップアップするべきか、誰に相談していいのかもわからず不安でしたが、定期的なカウンセリングにとても励まされました。
妊娠できたのは丁寧なカウンセリングと桃福宝のおかげだと思います。

漢方で体質改善、妊娠力が高まり4ヶ月で自然妊娠

27才 兵庫県

治療経歴:タイミング療法、人工授精

漢方服用4ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方のみ

○不妊治療歴 :1年6ヶ月以上
○治療内容 :タイミング療法1年、人工授精4回
○婦人科系の症状:子宮内膜症、チョコレート嚢胞、黄体機能不全、生理痛、PMS、経血に塊が混じる
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え性、暑がり、不眠、寝不足、胃腸虚弱、便秘、のどの渇き、疲れやすい、貧血、めまい、腰痛、頭痛、爪が割れる、イライラしやすい、落ち込みやすい
○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠

第一子希望。
タイミング療法を1年していましたが、うまくいきませんでした。
とにかく早く授かりたかったので、人工授精を4回しましたが結果は全て陰性でした。
医師からは「原因はわからない」といわれ、自力で排卵はするけれど時間がかかることから排卵誘発剤を使用。黄体ホルモン補充のため色々と服用しました。
妊活を始めてからPMSの症状が出始め、吐き気や急に顔が熱くなるなど、体調が悪くなりました。基礎体温はガタガタでした。

これ以上のステップアップは考えていないことと、体調を整えるためにはどうすればよいかとネット検索をしていたところ「漢方で体づくり」をするという選択肢が見つかりました。
漢方薬局を探し、一陽館薬局の子宝カウンセリングを受けました。

子宮内膜症やチョコレート嚢胞、生理痛や経血に塊が混じることからも血流がとても悪いことを指摘され、血流の悪い瘀血体質が体調不良とも関係していることを知りました。
まずはしっかりと瘀血を改善すること、そしてホルモン力を高めることを目指し、桃福宝の服用を開始しました。

2ヶ月目、病院での検査結果がとても良く、不安だった卵管造影の結果も良好だったので、すこし治療を休むことにしました。
4ヶ月目、妊娠しました!妊娠後も漢方を継続中です。

片側卵管閉塞のため体外受精をしていましたが、治療を休んでいる間に自然妊娠しました!

35才  埼玉県

治療経歴:体外受精

漢方服用9ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容: 漢方のみ

○不妊治療歴 :1年9ヶ月
○治療内容 :体外受精2回
○婦人科系の症状:生理痛、生理不順、片側卵管閉塞、経血に塊が混じる
○男性の状況 :医学的問題なし
○体調(女性):冷え性、寝不足、下痢や軟便になりやすい
○体調(男性):暑がり、花粉症、首筋がこる、腰痛、ストレスが多い
○服用したもの(女性):桃福宝 赤珠・黒珠・碧珠、その他漢方1種
○服用したもの(男性):桃福宝 黒珠

第二希望。
体外受精で第一子を授かり2年前に出産。第二子に向けて治療を開始、採卵しましたが全て受精せず移植にはいたりませんでした。
ネット検索で一陽館薬局のホームページに辿り着き、漢方で体質改善することの大切さ、妊娠力を高めながら治療の効率をアップできることを知りました。

第一子の時も授かるまでに時間がかかったことや体調を整えたいこともあり、今回は漢方で体づくりをしながら治療を進めていきたいと思いました。

2ヶ月目、採卵し、移植することができました。
3ヶ月目、陰性という結果に至り、主人も服用を開始することにしました。
5ヶ月目、採卵し2個凍結できました。
6ヶ月目、移植前の服用数の調整、食生活や生活習慣の見直しなどをあらためて確認しました。
7ヶ月目、移植後陽性判定でしたが、子宮外妊娠していることがわかり手術となりました。卵管を切除することにはなりませんでした。漢方を1種追加しました。
9ヶ月目、治療を休んでいる間に自然妊娠しました。

治療をしないと妊娠できないと思っていたので、自然妊娠できるなんて信じられませんでした。漢方の力を実感しました。