ストレスと不安の解消が、より効果的な体質改善と妊娠への近道に

34才  奈良県  

治療経歴:タイミング療法

漢方服用2ヶ月で妊娠

妊娠時の治療内容:漢方のみ

■患者様について
第一子希望。妊娠できるか不安だったが、体調を整えることを最優先として、
思い切って通院をやめて漢方で妊娠を目指したいとのこと。

○不妊治療歴 :1年5ヶ月
○治療内容 :タイミング療法10ヶ月
○婦人科系の症状:経血に塊が混じる、経血の量が減ってきた
○男性の状況 :精子の動きが悪い
○体調(女性):冷え(手・足)、肩こり、頭痛、腰痛、イライラしやすい、夜中にトイレに起きる、首筋が凝る

■漢方治療について
気の巡りと血流の不安定さが体調不良の要因と考えられます。
気血の巡りをスムーズにし、瘀血(血行不良)を改善することにより子宮環境を整え、”精”を補う補腎薬の活用により、男性側の腎精の向上も目指していきます。

○服用したもの (女性):桃福宝 赤珠・黒珠、そのほか漢方1種類、
○服用したもの (男性):桃福宝 黒珠
       
■漢方服用後の経過

<服用1ヶ月目>
手足の冷えが改善されてきたことを実感しています。

<服用2ヶ月目>
高温期が続いていますとのご報告あり。その後心拍確認のご連絡がありました。

○妊娠までの漢方服用期間:2ヶ月
○妊娠時にしていた治療内容:漢方のみ
○その他(備考・特記事項など):精神的な負担が身体機能に影響している場合も少なくありません。思い切って通院をやめ、漢方ストレスや不安が軽減されたことで、ご夫婦ともに改善が早かったのではないかと思います。
ご本人様も「自分たちでも、信じられないほど驚いています」とおっしゃっていました。