着床前診断を迷うあなたへ

体外受精または顕微授精での移植を3回おこない、一度も着床陽性判定がないお客さまからご相談がありました。
すでに40才代でもあり、次回移植に向けて着床前診断をすすめられている、ということです。

たしかに、可能性を拡大する意味でメリットはあるかもしれません。

ただ、漢方的な側面からアドバイスするならば、卵子の評価はともかくとして、私は、これまでの移植時の様子に注目しました。

どうであれ、移植して着床する場所は、子宮であり、子宮内膜の状態やホルモンバランスなどの受け入れ環境がどうだったか?という点から、漢方でサポートできる余地がなかったかを見直していただきました。

もし、子宮環境に不安があるなら、次回、仮に完璧な受精卵を移植したとしても、やはり、結果は同じではないかと思うのです。

たくさんの大切なことを、ひとつも無駄にしないための移植であってほしい、と願い応援します。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。

漢方の一陽館薬局

【八木本店】

  • 〒634-0078
  • 奈良県橿原市八木町1丁目11番7号

アクセスはこちら

【学園前店】

  • 〒631-0036
  • 奈良市学園北1丁目1番11号 イヴビル1階

アクセスはこちら

  • お問合せ/10:00~18:00
  • 定休日/木曜・日曜・祝日
桃福宝
漢方相談

子宝相談はお電話かLINEにて相談日時をご予約ください。

友だち追加

子宝相談の際に、基礎体温を計測した表をご持参いただくと、大変参考になります。

基礎体温表ダウンロード

妊娠したら【赤珠】の服用を停止し、投稿を!
喜びのお便り投稿者は【黒珠】に交換します。

喜びのお便り(妊娠時)

めでたく出産されたら、再度、ご投稿を!
お祝いの素敵なベビーグッズをお贈りします。

喜びのお便り(出産時)

ページトップへ

『桃福宝』初回
限定キャンペーン
子宝漢方相談