1. HOME
  2. 生理痛と不妊の関係~独自調査より~

生理痛と不妊の関係~独自調査より~

たかが生理痛、されど生理痛!

最近は小学生でも生理痛のため鎮痛薬を服用している、と聞くことがあります。
また、生理痛がひどいため長年ピルを服用している、という方もおられます。

”生理痛”っていったい何なのでしょう?
「邪魔な痛み」なのでしょうか?

「痛み」がひどいと日常生活に支障が及ぶことがありますし、仕事や集中力に影響することもありますが、女性のバイオリズムの基本である生理が、薬で抑えなければ耐えられないほどの苦痛を伴うという状態を見過ごしてよいのでしょうか・・

なんとなく、日頃から「冷え性」「生理痛」「生理不順」は妊娠に有利に働きかけないということを認識している女性は多いと思いますが、体質の問題にしたり、その都度薬でごまかしたりしながら何年もやり過ごしているケースもみられます。

そこで、「生理痛は妊娠のしやすさと関係するか」を調査してみました。
詳しくはホームページ内でもご紹介していますが、結論からいうと「生理痛がひどい」方は単純に「妊娠するまでに長期間かかる」ということがわかりました。
(もちろん、個人差はあります。)

それは、生理痛の”痛み”が妊娠しづらくさせるということではなく、生理痛を発生する体質的要因が妊娠を受け入れにくい子宮環境をつくっているためです。
つまり、生理痛が起きる最大の要因は、漢方でいう”瘀血(血行不良)”にあります。
瘀血の状態が長引くと、子宮内膜症や子宮筋腫や卵巣チョコレート嚢腫や卵管 閉塞など婦人科系疾患はじめ、血液の循環不良による病気などの原因にも関わっていきます。

遺伝的な体質だけでなく、ストレスや食習慣などで血が劣化すると、流れも停滞します。
そこから「冷え」や「不順」にもつながっていきます。

生理の時、経血がドロッとしていませんか。
生理の開始時や経血量が多くなるときに痛みが強くないですか。
本来、生理痛はなくても、生理は問題なく周期的に訪れるしくみですが、スッキリと生理が来ていますか・・。

健康のためにも苦痛や不調を伴うことのない生理をめざしましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。