冷え性と不妊の関連性について

うっかりすると、お腹や足もとに冷えを感じる頃になりました。
季節が動く時期でも、春に比べて秋は、”冷え”に対する意識が遅れがちです。
昼間の暑さと夏の薄着が重なり、冷えてしまってか気づくパターンが多くなります。

“冷え”に対する応急措置としては、何でもよいので体温より温度が高い飲み物を摂ることです。

女性は、代謝が低いため、自力で温熱を生み出す力が弱い傾向にあるので、外から温めるよりも、体内に直接温かさを補給するのが速いと思います。
もちろん、着込んだりカイロなどで温かさを保持することも効果的です。

ココアやシナモン、しょうが湯やくず湯など、漢方薬の成分にも含まれる「あたため素材」を取り入れていくこともおすすめです。

冷えの程度に合わせて、利用していきましょう。

奈良の秋が始まります

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。

漢方の一陽館薬局

【八木本店】

  • 〒634-0078
  • 奈良県橿原市八木町1丁目11番7号

アクセスはこちら

【学園前店】

  • 〒631-0036
  • 奈良市学園北1丁目1番11号 イヴビル1階

アクセスはこちら

  • お問合せ/10:00~18:00
  • 定休日/木曜・日曜・祝日
桃福宝
漢方相談

子宝相談はお電話かLINEにて相談日時をご予約ください。

友だち追加

子宝相談の際に、基礎体温を計測した表をご持参いただくと、大変参考になります。

基礎体温表ダウンロード

妊娠したら【赤珠】の服用を停止し、投稿を!
喜びのお便り投稿者は【黒珠】に交換します。

喜びのお便り(妊娠時)

めでたく出産されたら、再度、ご投稿を!
お祝いの素敵なベビーグッズをお贈りします。

喜びのお便り(出産時)

ページトップへ

『桃福宝』初回
限定キャンペーン
子宝漢方相談