1. HOME
  2. 『 妊活と夏の胃腸トラブル 』

『 妊活と夏の胃腸トラブル 』

一年で最も暑いこの時期は、高温多湿の影響もあり、体内に熱と湿気がこもりがち。

食欲不振や胃もたれ、下痢や便秘、消化器系の不調があらわれやすくなります。

暑いからと言って体を冷やしすぎたり、冷たいものを食べ過ぎたり、
必要以上の水分を一度に摂取し過ぎると、この時期に衰えがちな胃腸に
ますます負担をかけてしまいます。

食欲不振や消化不良が続くことで、体に必要な栄養やエネルギーが不足し、
夏カゼやだるさを招く原因にもなります。

胃腸の調子が悪い時に、スタミナをつけようとして無理に食べるのは、逆効果。

冷たいものを控え、消化の良いもので胃腸を休め、できるだけ休養をとるよう心掛けましょう。

体調だけでなく、精神的なストレスも不調の原因となりやすいので、
自分の今の状態を知り対処する事や、深呼吸やストレッチや軽い運動で
「気」の流れをスムーズにしておくことも大切です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。