1. HOME
  2. 不妊治療に漢方を併用するメリット

不妊治療に漢方を併用するメリット

一昨年から昨年にかけての「漢方を併用して体外受精に臨まれたケース」について、集計をとりました。

漢方を始めるきっかけは、体外受精に行き詰まりを感じたり、困難な条件が重なって抜本的な改善の必要性を感じられたというかたが大半です。

あまりうまくいっていない体外受精にそのまま漢方を併用されるかた、懸命に挑み続けるも足踏み状態のためいったん漢方で体調を整える期間を持たれるかた、もう体外受精は終了して違った視点から実現の可能性を高めようというかた、・・・など
お客さまのおかれた背景は、さまざまですが、集計をみて特徴的なのは、治療をいったん休止し漢方のみで体づくりをしていると自然妊娠される割合が高いことです。

年齢や、順番にステップアップしてきたから、という理由で多くのかたが体外受精を選択されますが、妊娠に至らなかった時の体調や月経のままで、妊娠のための方法だけいろいろ変えてみても、体が妊娠を成立させる状態でないままなら、結果は同じことになります。

体外受精では「採卵」「移植」が大きなポイントですが、悪くない受精卵が獲得できているのに子宮へ戻すと着床しないとお悩みのかたは多く、そういいながら回数を重ねるうちに採卵までもできなくなってしまうという状態も見受けられます。

漢方で妊娠に至る最大の理由は、子宮の血行不良の原因である瘀血体質を改善するように働きかけて、お体がそれに応えることで受け入れ体勢が整うことであると思います。
これは、先に述べた「体そのものに変化がないのに結果だけが良くなるということはむしろ不自然」という理屈の逆で、「体に良い変化が起きれば結果も良い方向へ動くのが自然」なのだと思います。

その理屈を立証するかのように、次回の体外受精に向けて漢方を利用された場合に、自然な妊娠が訪れるということだと思います。

受け身になって、ご自身の体に目を向けることがなかったかたは、しっかりと妊娠をめざせる体をつくっていただくと、状況を変えていくことにつながると思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。