1. HOME
  2. 『 妊娠力とアンチエイジング 』

『 妊娠力とアンチエイジング 』

漢方では、女性のカラダは「7の倍数」で変化すると言われています。
【男性は8の倍数】

・7歳で歯がはえそろう。
・14歳で初潮を迎える。
・21歳でカラダが成熟する。
・28歳で生殖能力が最も盛んになる。
・35歳で髪や肌が衰え始め、生殖能力が低下し始める。
・42歳で白髪やシワが気になり始め、不調が出てきやすいころ。
・49歳で閉経が近づく。

このことからも、28歳が妊娠力のピークとなり、医学的にも高齢出産と言われている
35歳を過ぎると妊娠力が急激に低下していきます。

実年齢だけでなく、妊娠力の低下とカラダの老化は比例します。

年齢が若いからといって、不規則な生活や偏った食事、ストレス、ネガティブな考え、
冷えなどかかえていると、老化はどんどん進んでしまいます。

老化現象は、生命エネルギーの貯蔵庫である「腎」と深い関わりがあります。

漢方でいう「腎」とは、腎臓の働きだけでなく、成長や発育・生殖・免疫・
ホルモンをコントロールする働きがあり、耳や髪や骨にも関係しています。

「腎」の働きは、年齢とともに必ず衰えますので、35歳以上、または「腎」の働きが
低下していると思われる方は、「腎虚=老化」に対するケアが必要。

女性のライフスタイルの変化や晩婚化により、妊娠を意識する年齢が上がってきています。

妊娠には必ずリミットがあります。
いつまでも妊娠できるわけではないのです。

このことからも「何を優先するのか」、今の生活の中で「優先順位」を考えていくことも、
妊娠には大切なことではないでしょうか。

漢方では「腎」が充実している時期が適齢期。

個人差があるので「腎年齢」が若ければ、35歳を過ぎても諦める必要はありません。

20代でも体質改善に数年かかる方もいれば、30代後半~40代でも数ヵ月で妊娠する方もおられます。

老化を止めることは出来ませんが、生活習慣や食生活の改善・運動・漢方の服用などで
「腎」の働きを補い、老化のスピードをゆるやかにすることは出来ます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最近は「妊活=治療」と考えている方も多くいらっしゃるようですが、
「早く授かりたいから」と、原因もわからないまま急いで治療を進めるより、
まずは「妊娠を妨げる要素はないか」「妊娠力アップに必要な要素は何か」を
見極めることが大切です。

婦人科系にトラブルを抱え、治療が必須の方の場合は、併用して養生や漢方を取り入れることにより、
治療の効果を高めることにも繋がります。

今の自分のカラダの状態を知り、体調を整えることや、補腎=アンチエイジングも
考えてみてはいかがでしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。