二人の不妊原因は?

卵子と精子の問題

変わる夫婦の体づくり

『一陽館薬局』では、加齢とともに卵子や精子の質が低下するのは自然現象であり、さらに劣悪な環境下では生殖能力も低下してしまうことから、男性側にも必要な体づくりをご提示してきました。

女性だけでなく、男性の調子も良くなると、飛躍的に妊娠への距離が短縮されるようなケースも見受けられます。

卵子の老化について

お母さんのおなかの女児(妊娠5ヶ月頃の胎児)は、700万個の卵子を持っているとされています。その後、卵子の数は、生まれたときには200万個、思春期になる頃には40万個にまで減少し、35歳頃には2~4万個程度まで減ってしまうといわれています。生まれてきてから、新たに卵子が作られることはありません。

漢方では、女性の体は7の倍数の年ごとに変化するとされています。妊娠を考える女性にとって「35歳」は注目される年齢です。漢方の7の倍数によると35歳は女性の身体機能が老化し始める頃とされています。西洋医学でも35歳を境に自然妊娠の確率は低下し始めることがわかっています。

加齢で卵巣機能が衰え始めると、排卵が早まることで良質な卵子が育ちにくくなります。

漢方医学的に見た原因の一つに、年齢を重ねるごとに血のめぐりが滞り、発生した瘀血(お血/血液の流れが悪く滞った状態)が、さらに血行不良を招き、子宮や卵巣に良質な血液が行き届かない状況となり、機能低下を起こすことがあげられます。

また、加齢で「卵子の老化」が起こると、染色体の減数分裂が正常に行われず、結果的に偶発的な染色体異常を抱える受精卵の割合が増えていきます。

漢方での改善法

漢方薬の役割は、直接卵子に働きかけて質を良くするということではなく、本来ならもっと元気な卵子を育て、排卵させる力を持っているはずの体が、何らかの事情により、良い状態で排卵を迎えることができなくなっている場合に、その事情を解消するお手伝いをしようというものです。

たとえば、精神的なストレスが重なり、無排卵となっているなら、気の巡りを整える漢方薬を服用することでストレスによる影響を和らげることができますし、体外受精の際の採卵などでホルモン刺激や排卵誘発剤などにより卵巣が疲れているなら、ただ採卵を休むだけでなくホルモン活動のもとになる腎精を養うために漢方薬を活用すると効率良く卵巣の体力を回復することが期待できます。

ただし、漢方薬は、今の体の力をきちんと発揮できるように「低下した状態を補う」ことはできますが、寿命として衰退した細胞や代謝をよみがえらせることはできません。

卵巣機能についてのひとつの医学的指標としてAMH(抗ミュラー管ホルモン)検査があります。「卵巣年齢の目安」などと言われますが、AMHの数値は卵巣内にどのくらいの卵の数が残っているか(卵巣予備能力)を反映するため、不妊治療選択の目安や閉経年齢の予測などに使用されているものです。

AMHが低い場合は、卵巣内に残っている卵の数が少なく、自然排卵が起こりにくいだけでなく、不妊治療の際に使用される排卵誘発剤に反応しにくいといわれます。これまで卵巣予備能力の評価に使用されていたFSH(卵巣刺激ホルモン)に比べてAMHは月経周期による影響を受けないため、いつでも血液検査で測定が可能なものです。

不妊治療では、AMHが低いと「卵が残っている間に少しでも早くそれを確保し、体外受精で妊娠を目指そう!」となるのですが、AMHの値=卵子の質ではないのです。つまり、AMHが低くても卵子は劣化していないケースも考えられるのです。

妊娠を目指す人にとって、必要なのは「残りの卵の数」よりも、「欲しい子どもの数だけの良質の卵子」ではないでしょうか。ですから、AMHが低い場合は、ひとつひとつの卵子をより大切にしなければならない、と考えます。

良質の卵子を育むには、母体となる女性の体を大切にし、その力を養う必要があると考えて、漢方では女性の体調を整えていくのです。

精子の老化について

胎児の時から卵巣に貯蔵されている卵子は、女性の年齢が進むにつれて老化するといわれますが、男性の精子は毎日精巣で新しくつくられるので、男性の精子は年齢に影響されないといわれてきました。 ですが、最近では精子も卵子と同じように、身体そのものが老化すれば、生み出される精子の質も低下することが明らかになってきました。

男性不妊治療専門医の研究によると、35歳を境に精子の質が落ちる男性がいて、治療をしても結果が出にくい場合があるのです。

年齢が上がるにつれ、精液の量、精液の濃度、精子の運動率、正常な精子の減少がみられますが、問題は精子の受精能力の有無で、質の悪い精子では、酸化ストレスで障害を持っている精子が多くあります。それによってDNAが傷つけられ、正常な精子ではなくなっているのです。

DNAが損傷した精子は、妊娠率の低下や流産を招き、生まれてくる子どもにも影響が出るといわれています。

このように加齢によって精子の質が落ちる場合もありますが、一方、高齢の男性が元気な赤ちゃんを授かるケースも多く、すべての男性に精子の質が下がるリスクがあるわけではありません。

漢方での改善法

漢方薬の役割は、卵子の老化への対処と同様に、直接精子に働きかけて質を良くするということではなく、本来ならもっと元気な精子を生み出す力を持っているはずの体に、何らかの事情があり、精子の受胎能力が低下している場合に、その「事情を解消するお手伝い」をしようというものです。

毎日つくられる精子を元気にするには、日々の健康状態が良好であることが大切です。生活習慣の改善と、漢方薬による健康状態の回復によって、精液所見が劇的に改善することも期待できます。

漢方の一陽館薬局

【八木本店】

  • 〒634-0078
  • 奈良県橿原市八木町1丁目11番7号

アクセスはこちら

【学園前店】

  • 〒631-0036
  • 奈良市学園北1-14-8

アクセスはこちら

  • お問合せ/10:00~18:00
  • 定休日/木曜・日曜・祝日
桃福宝
漢方相談

子宝相談はお電話かLINEにて相談日時をご予約ください。

友だち追加

子宝相談の際に、基礎体温を計測した表をご持参いただくと、大変参考になります。

基礎体温表ダウンロード

妊娠したら【赤珠】の服用を停止し、投稿を!
喜びのお便り投稿者は【黒珠】に交換します。

喜びのお便り(妊娠編)

めでたく出産されたら、再度、ご投稿を!
お祝いの素敵なベビーグッズをお贈りします。

喜びのお便り(出産編)

ページトップへ

『桃福宝』初回
限定キャンペーン
子宝漢方相談