1. HOME
  2. 経絡病と臓腑病

経絡病と臓腑病

最近、さまざまな「療法」を利用されたお客様からのご相談が相次いでいます。
イメージされていた ”体質改善”とは違う・・といった内容です。

病気には、「臓腑病」と「経絡病」という区分があります。
言い換えると、「臓腑病」は内臓の不調が原因の病状で「経絡病」は気の伝達不良による病状、となります。

東洋医学では、「臓腑経絡」とひとまとめにして病状や治療法を検証しますが、
「不妊」というのは、どちらかといえば「臓腑病」に分類されます。
つまり、卵巣機能や子宮の状態の不調は、内臓機能の問題であり、表面的な巡りを整えるだけでは臓腑そのものにアプローチすることができないものです。

漢方薬は服用することで、内臓機能の改善と巡りを整えることの両面からのアプローチができますが、経絡の流れだけをスムーズにした場合は、経絡の通過が良くなったという感覚は得られますが、内臓機能に対すして効果的に作用させることにならず、臓腑病の本質的な改善策にならないと考えています。

たとえば、妊娠しづらい体質に多い「冷え性」「疲れやすい」なども、一時的に少し楽になったような感覚があれば、不妊体質の改善が進んでいると勘違いされる場合もあるかと思いますが、漢方薬の作用は、服用し、内臓機能が回復した結果として諸症状が解消されます。
ですから、漢方薬を服用して冷えや生理痛が解消しているのは、不妊体質自体も改善が進んでいる証拠といえるのです。

表面的な症状が一時的に楽になったからといって、内臓の働きまで良くなったという判断はできませんが、漢方薬の服用による内臓機能の回復からつながる表面的な症状の解消は、「体質改善による成果」といえます。

適切な方向を選択しているかどうかご心配なかたは、お気軽にご相談くださいませ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。