1. HOME
  2. 喜びの声・妊娠報告
  3. 低AMH、子宮頚部高度異形成を乗り越えて

低AMH、子宮頚部高度異形成を乗り越えて

M.T 様(41 歳 奈良県)

4年前の夏、不正出血がきっかけで、婦人科を訪ねたのが37歳のとき。年齢的にも不安な部分はありましたが、はっきりと病院で不妊症と言われ、かなりショックを受けました。それでも赤ちゃんが欲しかったので、がんばろうと思ったものの、タイミング法を試す5ヶ月の間に、どんどん増えていく排卵誘発剤と注射に不安を覚えつつ、毎月「今回こそは!」と仕事と通院をがんばっていました。

人工授精にステップアップしましたが、かなり痛みがあり、私には苦痛でしかありませんでした。「体外受精すればできるよ」との医師の言葉を信じ、転院を決意。

顕微授精で、凍結胚移植まで順調に進んだため、かなりの期待をもっていましたが妊娠できず、仕事も手につかないほど落ち込みました。毎日泣いてばかりで、主人にもかなり心配をかけたと思います。・・・

※コメント等は、個人的な感想によるものであり、実感には個人差があります。

詳しくはこちら

喜びの声・妊娠報告

喜びの声・妊娠報告一覧